« コロナ後遺症。 | トップページ | 減少ならず。 »

2022年6月21日 (火)

夏至。

 闘病記は左のバックナンバー内、昨年の2月3月をご覧下さい。

 

 寒い日です。お店ではストーブを焚いています。

やはり厚い雲が空を覆っています。お日様の照らない

薄暗い日が続いています。北見も梅雨入りしたのでしょうか。

 

 夏に至る。本日は夏至当日です。宇宙天体の不思議な

現象。先日ラジオ番組でもしもお月様がなかったら

というお子さんの質問で専門家の先生がいろいろ答えて

いました。記憶に残っているのが地軸の傾きが無いと言うことです。

 

 という事は夏至も冬至も季節の変化もないのでしょうか。

頭の固い高齢者にはちょっと難解な宇宙の現象です。

 

 やはり季節は巡る方が私は歓迎でお月様も鑑賞できるのが

一番です。

Kimg0716     箱庭の南端っこ。

    中央に座しているのは

    シャクナゲの錫空(シャックウ)大師。

    昨年も当ブログで紹介して

    いますが今年も多くの

    花をつけてくれました。

                       季節の巡りに感謝。いいものです。

 

 

« コロナ後遺症。 | トップページ | 減少ならず。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コロナ後遺症。 | トップページ | 減少ならず。 »