« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »

2022年2月

2022年2月28日 (月)

蔓延防止法は?

 闘病記は左のバックナンバー内、昨年の2月3月をご覧下さい。

 

 明日から3月。私は「雪解け月」と勝手に名付けています。

がっつりと積もった根雪はこの月には昼も晩もどんどんと

融けてたちまち土が顔を出して来るからです。

 

 さて感染症防止の蔓延防止法は最初は2月20日に終わる予定が

2週間延期になり3月6日まで適用になりました。

東京など大都会は再々延長が決定したようですが

北海道はどうなるのでしょうか?

 

 難しい決断は北海道知事にお任せするとしましょう。

コロナウイルスに感染した後に死亡される方の報告が多く見られます。

発熱症状が原因で食事を飲み込む体力が無くなり

誤嚥性肺炎を患ってしまうお年寄りが多いと聞きました。

 

 私もなにげに唾液を飲み込む時に誤嚥をしてしまい

激しい咳込を幾度も経験しております。

舌を活用してでの口腔内のリハビリを思い出したので

久し振りにやってみました。

舌の奥が疲れるのが感じるのでやはり弱っているのを

実感しました。

2022年2月27日 (日)

空白の日記帳。

 闘病記は左のバックナンバー内、昨年の2月3月をご覧下さい。

 

 10年日記帳を愛用しています。理由は記入する

行数が少ないからです。

2020年2月27日(木)の欄は空白です。当時発熱して

自宅2階で半隔離生活をしていました。

どうやらコロナ感染を疑いだした頃でした。

(昨年の本日付当ブログを読み返して見ました。)

当時の私の体調は発熱が続き下痢症状が最もひどい状態で

食欲もすっかり失せてしまっていました。

 

 何も記入されていない2年前の二段落八行の

狭い空欄につらい思い出が何十行も重なって

よみがえって来る感じがします。

Kimg0579

 

 本日も大勢の新規感染者。

 闘病している患者さん。

 不安を抱えての闘病生活

 でしょうが気持ちを前向きに

 切り替えて乗り越えましょう。

 東欧のウクライナでは戦争の混乱で市民が犠牲を

強いられています。

報道を見る限り避難民はノーマスクです。

コロナ感染症の蔓延が心配されます。

 

2022年2月26日 (土)

驕(おご)りのなせる業。

 闘病記は左のバックナンバー内、昨年の2月3月をご覧下さい。

 

 指導者という人にとって一番の敵は自身の

心の中にいるのではないでしょうか。

 

 驕り高ぶる心。傲慢な心。敵という言葉は単なる

揶揄ですが自分の心がそういうものに支配されると

プーチンのようにとんでもない間違いを犯して

しまうのではと思います。

 

 まるで歴史の汚点。ヒットラーのようです。

ウクライナ国の惨状は明日の北海道のようなそんな

危機感をおぼえてしまいます。

現実として北方四島がすでに理不尽に占領されています。

(ウクライナのクリミア半島の強制併合と同じです)

 

 安全保障問題から考えると台湾問題、北朝鮮問題。

中国、北朝鮮の指導者も心の中の驕りの度合いはどの

程度なのかいきなり心配になってきています。

 

2022年2月25日 (金)

見えない収束。

 闘病記は左のバックナンバー内、昨年の2月3月をご覧下さい。

 

 国内の新型コロナ感染症の収束時期です。

道内の感染報告を毎日チエックはしているのですが

高止まりのままの数字が続いています。

新規クラスターの報告も相次いでいます。

 

 職域で感染。家庭内で感染。市中で感染。

悪循環が続いています。

自宅療養者が全体の80%を越えている現在、家庭内で感染者が

出た場合の家族の予防は至難の業だと思います。

もはや感染は覚悟しなければなりません。

 

 感染を避けるには同居家族、同居高齢者の方は都合が

つく限り陰性確認の上、ホテル避難か温泉宿避難が適してる

のではないでしょうか。

 

 万が一では無く感染の波はすぐそこ身近なのです。

普段から身の守りは準備して考えておきましょう。

 

 

2022年2月24日 (木)

混乱、情報錯綜。

 闘病記は左のバックナンバー内、昨年の2月3月をご覧下さい。

 

 ロシアの軍事攻撃でウクライナからの情報が錯綜しています。

在留邦人の安全は確保できているのでしょうか?

日本政府よりかなり以前から安全の為ウクライナより

退避勧告が出ていたにもかかわらず現在120人程度が

確認されていると先程、国会答弁で外務大臣が答えていました。

 

 錯綜情報によると空港からも着弾爆音が聞こえてる

と報道されていました。混乱の中に救助の飛行機を派遣

しても大丈夫なのでしょうか。

 

 無理を通せば道理が引っ込む。

ロシアのプーチンの思い通りになってしまう感じがします。

侵攻が尾をひいてコロナパンデミックで疲弊している

世界経済がさらなる打撃を被れば私達の生活はどうなるのでしょう。

 

 ウクライナの国民。ロシアの国民は将来を見ているのでしょうか。

喧嘩や暴力に是非は有りません。グローバルな現代社会に

めちゃくちゃな大義名分、口実は通用しない事を知るべきです。

(流血は避けられないかもしれません。悲しいです。)

 

 

2022年2月23日 (水)

不穏な動き。

 闘病記は左のバックナンバー内、昨年の2月3月をご覧下さい。

 

 風雲急を告げる。

言葉の意味が合致するか否かは分かりませんが

ウクライナ情勢が不安の霧中にあるようです。

根本は利権争いにしか見えませんがどうして

命を危険にさらして争わなければいけないのでしょうか。

 

 プーチン大統領はニュース画面で見る限り随分と

老いが表情に出ている印象です。(老けた感じ)

彼は1,952年生まれ。私と同級です。私は7月。

彼は10月生まれだから私が3ヶ月兄貴分です。(関係ないですが)

 

 核戦争も辞さない発言をして世界、国際社会を威圧

しているようです。

 

 暗中模索の駆け引きが続いているようですがロシア軍隊の中に

コロナ感染症が蔓延して戦争どころでは無くなって欲しいものです。

コロナウイルスに力を借りるのもどうかなと思うのですが・・・。

 

 

2022年2月22日 (火)

減少顕著。

 闘病記は左のバックナンバー内、昨年の2月3月をご覧下さい。

 

 オリンピックのお話ですっかり盛り上がっている

あいだにふと気が付くとオホーツク管内の現在患者数の

人数が2月7日、611人が昨日現在259人になっています。

 

 道内全体を見てみますと昨日の新規陽性患者1,924人に対し

陰性確認患者さんは2,320人の報告です。

どんどん回復していってるのかなと思いました。

 

 でも報道では重症患者さんが増加、死亡報告も増加

しているとの事です。

コロナ感染が引き金となって体力が損なわれ既往症に

負けてしまうのではと思います。

普段からの体力増強がいかに大事か改めて感じています。

体調管理。感染防止。油断なく慎重に実行しましょう。

 

 

2022年2月21日 (月)

強風。猛吹雪。

 闘病記は左のバックナンバー内、昨年の2月3月をご覧下さい。

 

 報じられている天気予報通り天気は大荒れ。

北見市内は積雪量はそうでもないのですが風が

吹き荒れて飛ばされる雪が吹きだまりとなって

あちらこちらに雪の山を作っています。

道路の除雪はまったくされていません。

 

 久し振りの猛吹雪。市内でも停電騒ぎがおこっているようです。

自然が猛威を振るっている時はおとなしくするに限りますが

停電などの復旧作業をする人達の現場はさぞ大変だと思います。

 

 くれぐれも事故のないよう身体を冷やさないよう

元気な帰社をを願っております。

 

 

2022年2月20日 (日)

祭典も終わり。

 闘病記は左のバックナンバー内、昨年の2月3月をご覧下さい。

 

 冬期オリンピックも最終日に女子カーリングの

決勝戦。楽しませて貰いました。

本日の朝刊。カーリングの記事が大きく掲載されて

いました。対戦国イギリスのチーム。スキップを務める

選手の意気込み。執念が強く感じました。

 

 カミさんに言いました。

金への執念はイギリスチームが数段、上行ってるワ。

悔し涙を流すロコの皆さんの気持ちも充分、分かります。

解説者が述べていましたが実力拮抗しているカーリングの世界。

結論は勝敗は難しくも有り、易しくも有りですか。

 

 カーリングブーム、人気が上がり選手の裾野が広がれば

良いかなと思いました。ロコソラーレの皆さんの貢献度は

大きいかなと思います。

 

 銀メダル首にかけてガッツポーズで帰国、帰北して下さい。お疲れ様でした。

 

 

 

2022年2月19日 (土)

盛り上がっています。

 闘病記は左のバックナンバー内、昨年の2月3月をご覧下さい。

 

 昨夜の女子カーリング準決勝。

私の予想通りの結果でした。白髪が増えるのは

困るので観戦はしませんでした。

(興奮して眠りが浅くなるのが心配なので。)

でも早朝目覚めてしまいラジオのSWをすぐにON。

 

 ニュースで勝利を聞きました。精神面が強く影響する

スポーツなんだなと素人ながら思いました。

スイスのチームに緊張感が強くあったのもロコには

追い風になったのかもしれません。

 

 明日の因縁の決勝戦。勝敗は関係なくゆっくり

観戦するつもりです。(負けても銀メダルですから。)

楽しみです。ロコも楽しんでくれるといいですね。

 

 

2022年2月18日 (金)

他力本願では有りません。

 闘病記は左のバックナンバー内、昨年の2月3月をご覧下さい。

 

 スポーツ解説者がニュース番組で言っていました。

他力本願で準決勝戦、出場決定したと伝えていましたが

私は勝っていたからこその4強入りだと強く思っています。

後、2回もハラハラドキドキしなくてはいけないのですね。

怖くて最後まで観戦できるか心配です。

1645169729916

  Mさんが不思議な写真を

  送ってきてくれました。

  なんと雪に書いた?と

  いうのです。

 

  今朝は粉雪がうっすらと

  北見に降り積もっていました。

       Mさんご自宅前のアスファルト路面(駐車場)に

      うっすら積もった雪面に指で描いたそうです。

  氷面にて戦うアスリート達に雪面にて応援を送るとは!ロコ!楽しんで!大丈夫だ!

 Mさんいつも素敵なお写真有り難う御座います。

 

                  

2022年2月17日 (木)

ドラマがいっぱい。

 闘病記は左のバックナンバー内、昨年の2月3月をご覧下さい。

 

 テレビドラマや映画ではなくオリンピックのお話。

連日繰り広げられる冬期スポーツの祭典。

サーカス顔負けの妙技。これがスポーツなの?と

その迫力には圧倒されています。

フイギュア選手のジャンプ力の強さを考えると陸上の

高跳び選手にも負けない記録を出せるのではと思ってしまいます。

 

 涙あり、笑顔ありどちらの表情にも私は拍手喝采です。

国を背負い真剣勝負にかける選手達のプレッシャーを考える時

厳格な審判員の問題点検及び判定、ドーピング疑惑の複雑怪奇な結論。

どれを見ても選手達が犠牲になっています。

 

 運営側の問題で選手達を傷つけてしまう事だけは

絶対に避けて欲しいものです。

頑張れ!楽しめ!日本選手団。はじける笑顔で帰国待っています。

 

 

2022年2月16日 (水)

減少しています。

 闘病記は左のバックナンバー内、昨年の2月3月をご覧下さい。

 

 気になっていつもチエックしているのは

やはり地元オホーツク管内の感染者の人数です。

微減ではありますが入院患者さんの減少を確認

できます。昨日現在15人に対し確保病床数は54床。

 

 私は2年前、コロナ感染症から回復して退院した

当日、保健所から注意事項をいろいろ伺った時に

「現在患者数と確保病床数は的確に報道発表して欲しい」

旨を保健所の係の人に提案したのを覚えています。

職員の方は強く賛同してくれたのを思い出します。

 

 コロナ感染症に対する不安が渦巻いている当時の社会情勢

の中で的確な医療が受けられる安心感を社会に示して

欲しかったからそう伝えたのでした。

 

 現在も医療現場は緊張の中でのケアが続いていると思います。

くれぐれも感染しないよう体調管理、体力保持に努めて

お仕事頑張っていただきたいと思います。

 

2022年2月15日 (火)

3回目ワクチン接種。

 闘病記は左のバックナンバー内、昨年の2月3月をご覧下さい。

 

 カミさんの言うのには「モデルナ人気ない」。

20日の日曜日に集団接種会場、予約取れたとの

事でした。(モデルナのワクチン)

なぜ人気がないのか問うとかかりつけの病院ではファイザーの

ワクチンで3月接種開始なのに聞くとすでに3月の

予約は満杯で4月以降の予約になるとの事でした。

 

 人気が有る、無いは私には分かりませんがこれだけ

感染の脅威が身近に迫っている状況なのですがワクチンを

選ぶ余裕が市民に有るのだなと思ってしまいました。

 

 先程、ご高齢の元気なお客様宅にストーブの

故障でお伺いしてきましたが3回目ワクチン接種する気持ち

無しでした。理由は副反応が嫌だと言う事でした。

私は接種するようお勧めしましたが車が無いと言います。

(無料のバス券があるでしょう。マ、いいか。)

 

 お元気でなによりですがワクチンのブースター接種

受ければさらにお元気の保証が貰えるのにと思いました。

 

 

2022年2月14日 (月)

感染前日?。

 闘病記は左のバックナンバー内、昨年の2月3月をご覧下さい。

 

 昨年の本日の当ブログを読み返してみました。

2年前の本日、私は展示即売会会場で接客をしていました。

当時会場には関係者2人の感染者が一緒に仕事(接客)を

していたのです。そして翌日私はコロナに感染しました。

勿論、お二人とも感染源者などと夢にも思っていなかったでしょう。

 

 市中で感染者が分かりウイルスに色が付いていて

特定できているのなら避ける事も可能でしょうが

無理なお話で避ける事が不可能なのが現実です。

 

 感染してしまったらウイルスを身体から追い出す事

だけに集中して早め早めの治療を受ける事が大切です。

昨日現在、道内の自宅療養をしている患者さんは全体の75%。

23,721人です。中等、重症化しないようくれぐれも

油断なく療養してもらいたいです。しっかり体調管理しましょう。

 

 

2022年2月13日 (日)

ドキドキです。

 闘病記は左のバックナンバー内、昨年の2月3月をご覧下さい。

 

 我が北見市から北京オリンピック、カーリング競技に

出場しているロコソラーレの試合を観戦しているのですが。

10回戦の長丁場の戦い。比較は不可ですが野球よりも

長い闘いかなと変な事思っています。

 

 予選リーグどうなるのかなとこれまた不安。

笑顔にとても癒されてもいます。元気ももらえます。

涙も誘われます。

感じているのはメンバー皆4年前より綺麗になっています。

4年前も、もちろん綺麗で可愛かったですよ。

(アップでテレビ画面に表情が出るからなのでしょうか?)

 

 試合はどうも心臓(ドキドキで)に悪くライブでは観戦できません。

でもそれがライブ観戦の醍醐味ではあるのでしょうが。

私は録画放送でゆっくり見て応援しています。

ドキドキがないので解説者の内容が良く理解できます。

 

 常呂町の皆さんもエライ興奮して観戦しているのではと思っています。

(ソダネー。って聞こえる感じです。)

 

2022年2月12日 (土)

オホーツク管内581人。

 闘病記は左のバックナンバー内、昨年の2月3月をご覧下さい。

 

 昨日現在のオホーツク管内の感染者581人。

2月6日の810人から減少して現在は微増、微減を

繰返しています。

3桁の数字はオホーツク圏内だけになっています。

道央圏は23,901人。北海道の感染者の約74%を占めています。

札幌市の感染経路不明割合は66.8%。そして毎日新規感染拡大中です。

 

 もはや発熱したら途方に暮れるのではないでしょうか。

そうなる前に発熱準備ではありませんが抗原キットなど

用意準備しておきましょう。

備えあれば憂いなし。コロナに関しては病院はなかなか不親切な面も有ります。

(電話してもたらい回しされる事もあります。)

 

 

2022年2月11日 (金)

ワクチンは予防薬・・・。

 闘病記は左のバックナンバー内、昨年の2月3月をご覧下さい。

 

 昨年の本日、2月11日の当ブログを読んでみました。

「ワクチンは予防薬・・特効薬ではなく、体力が万能薬云々・・」

 

 現在は感染予防ではなく重症化予防に効果発揮

しているようです。

ブースター接種後の医療従事者、高齢者福祉施設の住人

及び職員の皆様の感染が多くクラスターが発生しているようです。

コロナ発症を機に残念ですが死亡される高齢者が続出しています。

 

 関係職域の皆様は戦々恐々としているのではと思っています。

感染前も後もやはり体力がいかに大切かを再認識しました。

 

 あせらずに、体力勝負、睡眠しっかり摂りましょう。

(昨年の本日、当ブログより。)

 

 

2022年2月10日 (木)

信頼できないの?

 闘病記は左のバックナンバー内、昨年の2月3月をご覧下さい。

 

 県の指示は地元の市の赤十字病院。

地元の町の市長さんは嫌がって従わずに県に無断で

医科大学付属病院に入院してしまった、これまた

ド偉いどっかの市の市長さん。

 

 地元の町の一般市民はどのように思っているのでしょう。

早期にさぞ元気になって市政復帰願っている事でしょうネ。

(私はちょこっと同情心が薄くなってしまいました。

でもお元気な退院願っています。)

 

 昨日に続き今日もお偉い肩書のついた、なんとかかんとか

市長、先生達の嫌な側面を見てしまいました。

 

 人のふり見て我が振り治せ。ド偉くなっていないべね。

 

 

2022年2月 9日 (水)

ノーマスク。

 闘病記は左のバックナンバー内、昨年の2月3月をご覧下さい。

 

 それにしても、なんとかかんとか議員と肩書がつくと

政治家の皆様。みんなド偉くなってしまうものなのですね。

 

 世の中ではマスクの使用が困難な幼児、学童の

コロナ感染率が非常に高くそこが感染源となり家庭内感染、

職場感染、そして市中感染と拡大して社会が疲弊しています。

その状況を呉市議会の谷本さんはまるで理解していないようです。

 

 昨日のネットで谷本さんの搭乗拒否のニュースを見て彼の

ホームページを参照してみましたが本日はテレ朝ニュースの

動画付きで報道されています。

私は屁理屈を言う人は大嫌い。軽蔑してしまいます。

 

 谷本市議は屁理屈を並べる前に幼稚園に行って

幼児と一緒に1日ノーマスクでお勉強したらいいと思います。

 

 大勢の患者さんが不安の中で闘病し、多くの医療関係者が

昼夜を問わず感染のリスクを背負って仕事をしている

現状を知るべきだと思います。(屁理屈こくな!と言いたいです。)

 

 

2022年2月 8日 (火)

2年目に入ります。

 闘病記は左のバックナンバー内、昨年の2月3月をご覧下さい。

 

 昨年の2月8日。

ブログの発信を始めました。今日から2年目になります。

感染してしまった人達。そのご家族の皆様達の応援に

なればと思って始めました。

もちろん医療機関で働いている皆様に感謝の気持ちも

伝えたくて。

 

 応援、感謝の気持ちが少しでも伝わる事があれば

とてもうれしいかなと思っています。

 

 バックナンバーをクリック。

昨年の2月8日の当ブログを読み返しました。

必ず元気になります。全快します。治る病気です。睡眠をしっかりとりましょう。

 

 これからも思った事。感じた事。徒然に独り言のように

書き記していこうかなと思っています。よろしくね。

 

 

2022年2月 7日 (月)

マスク万全でしょうか?

 闘病記は左のバックナンバー内、2月3月をご覧下さい。

 

 私のコロナ感染予防方法は正しいのでしょうか。

特に気になったのはマスクの正しい装着方法です。

先日、病院に行った時は念のためにマスクを2枚重ねて

つけて行きました。

反省点はピッタリフイットではなく2枚目は

なんとなくゴワゴワ感が有りました。

呼吸が苦しく耳が痛くてあまりいい感じではなかったです。

隙間もけっこう有ったような感じでした。

結果マスク2枚重ねは止める事にしました。

 

 マスクインナーなる商品が有るようなのでドラッグストアー

などで見てみるつもりです。

 

 マスクでウイルスシャットアウト!ビシッときめましょう。

 

 

2022年2月 6日 (日)

冬季オリンピック。

 闘病記は左のバックナンバー内、昨年の2月3月をご覧下さい。

 

 お隣の国、中国で冬季オリンピックが始まりました。

平和の祭典に水を差しているのがやはり新型コロナウイルスです。

日本の選手団の中にも感染者が出ているようです。

競技に影響が出ないよう祈るばかりですね。

 

 道内の感染者も連日の3,000人超えです。

芸能界の有名な人も連日、感染が報告されています。

 

 都会では医療の逼迫が表面化して罹患者含め社会問題に

なっています。思うように事が運ばなく医療を享受出来ずに

ひたすら待ちぼうけを強いられておられる方もいらっしゃるのでは

と推測しています。

 

 不安が不安を呼びます。

目で見る体調管理をしましょう。記録も必ずしましょう。

そうすれば自分で出来る改善策が必ず見つかります。

 

 

2022年2月 5日 (土)

相撲界でも。

 闘病記は左のバックナンバー内、昨年の2月3月をご覧下さい。

 

 横綱はじめ17人の感染報告が痛々しい相撲協会。

いろいろな行事が立て込んでいるのに大変では

ないでしょうか。

相撲部屋を見学した事はありませんがテレビ番組

などで特集を組んだ番組などを見てその生活ぶりは

なんとなく想像がつきます。

 

 肉体は強くたくましくても力士達の疲労困憊は

大変なものだと思います。ましてや若いお相撲さん達は

団体生活なのでしょう。ストレスもかなり強いのでは

ないでしょうか。

充分に休養を取り普段の元気な体力を取り戻して下さい。

お相撲さんはお酒の飲み過ぎにも要注意ですね。

 

 季節は冬真っ最中。冷えは体力消耗の原因です。

換気も大切ですが暖房もしっかり忘れずにストーブ焚きましょう。

 

 

2022年2月 4日 (金)

高齢の方が・・・。

 闘病記は左のバックナンバー内、2月3月をご覧下さい。

 

 道内、本日16人の死亡報告がされています。

60歳代から100歳代の方達です。

第6波の感染爆発に突入してからは初めての

多数報告ではないでしょうか。

 

 発熱、咳、下痢症状は体力を極端に消耗させます。

1昨年私は入院時にひどい下痢症状にみまわれていました。

入院前の体重は約89Kgでしたが退院時は約81Kgに減少

していました。既往症は有りますが幸い呼吸器系統の

既往症はなくコロナ肺炎におかされても体力がなんとか

持ちこたえたのではと勝手に思っています。

 

 闘病中の患者さんも食事だけはしっかりと摂りましょう。

出された食事は必ず完食しましょう。万能薬です。

 

 とにかく普段から体力保持、病気に対する抵抗力保持に

心がけて体調管理、徹底しましょう。

 

 よく食べ、よく寝て、適度に運動しましょう。

 

 

2022年2月 3日 (木)

節分。

 闘病記は左のバックナンバー内、2月3月をご覧下さい。

 

 今日は節分。

高島暦では本日の節分をもって新年が始まると

書かれています。(よく分からない)

でも一昨日の2月1日が旧暦の元日のようです。新月でもあります。

スーパーなどの惣菜売り場では恵方巻きなるお寿司が

並んでいます。

 

 1本丸ごと無言で恵方方面に向かって願い事を

心の中で念じつつ食べきりなさい。そうすると

満願成就。鬼は外。福は内となるのかな?(なります。なります。)

Kimg0573

 

  7種類の具を入れて

  巻いてみました。

  今年の恵方は北方面の

  壬方(みづのえのかた)。

 

  コロナに感染しないように。

  感染患者さんが無事全快しますように。

  新規感染者が増えませんように。

 

 そして最後に家内安全、商売繁盛。

 祈りすぎでしょうか?

 歳徳神様。宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

Kimg0575

 

  ちなみに私は方位計テーブルの

  目の前にいつも置いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年2月 2日 (水)

まさに感染爆発!。

 闘病記は左のバックナンバー内、2月3月をご覧下さい。

 

 道立保健所管内の新規感染報告も本日は1,338人。

お二人の死亡報告もされています。

重症患者さんも昨日の報告でお一人報告されてます。

 

 全国ニュースでは医療逼迫の現状が医療関係者から

報告されています。混乱のピークになっていますが

自宅療養者の死亡報告が前回の大波より少ないような

気がしています。

 

 今日もお客さんとの会話では不織布マスクの2枚重ね

の着用が話題になりました。

出かける時は必ず2枚重ねているとの事でした。

皆様、しっかり感染予防しているようです。

 

 

2022年2月 1日 (火)

ほぼ1年。

 闘病記は左のバックナンバー内、2月3月をご覧下さい。

 

 昨年2月8日にココログにブログを開設してまもなく

1年になります。

開設した動機はコロナ感染症に対する社会不安を少しでも

払拭してもらいたくて私個人の体験談、思い、考えを

綴っていこうかなと思ったからです。

 

 まるまる2年に渡るコロナパンデミック。

ウイルスの変異も繰返されていますが何より

医療技術が凄く進んでいると感じています。

 

 新規感染者の人数も高止まりでピークアウトの時期は

見えませんが肺炎の重症患者さんが以前の波よりも

少ないようなのでその点が救いなのかなとも思っています。

 

 でも病気の症状は人それぞれ。苦しみも人それぞれ。

決して侮(あなど)らずに油断なく感染予防しましょう。

苦しみ、辛さは全て自分持ちです。誰も変わってはくれませんから。

 

 

« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »