« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

2021年11月

2021年11月30日 (火)

冷静に。(闘病記はバックナンバー2月3月をご覧下さい)

 「オミクロン株」・・・

なにやら不安を煽っている感の報道が

多いような気がします。

慎重を期して感染予防に努める事はなによりですが

不安ばかりが先走っていて事実を見失って

しまっては元も子もなくなってしまいます。

 

 昨年2月の新型コロナウイルスの感染拡大が

始まった頃の、不安を煽りまくっていた頃の報道番組

を私は思い出しています。

(隔離病棟に入院していてTV報道を見て一人で憤っていました)

 

 南アフリカの大統領を始めとして国民はパニックに

陥らず極めて平静な画面がテレビ等で報道されています。

現地で診察されたドクターは殆どの患者さんは軽症だとも

おっしゃっていました。

 

 ミラクルジャパン。デルタ株を今は押さえ込んで

いる日本の国です。情報を知らせてくれた南アフリカに

感謝をして今までどおり感染予防に努力しましょう。

 

 

2021年11月29日 (月)

準鎖国。(闘病記はバックナンバー2月、3月をご覧下さい)

 本日発表された政府の海外からの一時

入国拒否の処置。又、いろいろな面で困惑して

いる業界や関連団体、関わる人々。

 

 国を守る為の処置なので仕方がないと

思いますが入国が緩和された直後だけに

本当に情けなく思います。

このコロナ禍いつまで続くのでしょうか?

 

 島国の日本でも現在のグローバル化の中では

感染拡大の大津波に呑まれるのは避けられない事

だと思います。が。

乗り越えなければなりませんね。

 

 三密の回避。マスク必着。手洗い、うがい。換気よく。

忘年会は少人数でも貸し切りしてくれるお店探しましょう。

 

 

2021年11月28日 (日)

カラオケ交流会。(闘病記はバックナンバー2月、3月をご覧下さい)

 本日は私が参加しているカラオケクラブの交流会でした。

私達のクラブは昼の部と夜の部がありこの2年間の

コロナ禍の影響で合同での集まりがありませんでした。

 

 久し振りに会員がそろって普段の練習の成果を

見せ合う場として交流会を実施しました。

 

 女性の皆様はそれはそれはの大張り切りで

ドレスアップ。あまりに綺麗に変身していたので

ほとんどの方のお名前が出てきませんでした。

(お世辞では無く本当のお話です。フフフ。)

 Dscn6185

  私も2曲披露しました。

  もちろん、ひろしの

  汽笛と桜貝です。

  写真は歌声が入らないから

  いいですね。

  今日の日の為に一昨日

                     行きつけのママのお店で猛特訓。

健康にもすごくいいカラオケ。楽しみませんか。   

 

 

2021年11月27日 (土)

世界が震撼。(闘病記はバックナンバー2月、3月をご覧下さい)

 南アフリカの新変異株「オミクロン株」。

WHOが発表すると世界の株安が発生。

なんと原油の先物相場までもが下がったようです。

 

 デルタ株がオミクロン株に駆逐されるのでしょうか。

韓国、ヨーロッパでの現在の感染拡大のウイルスは

デルタ株だと思うのですが世界中の人々を不安に

落としめる新変異株はどのように感染ルートを

拡大させていくのでしょう。

 

 人の目に見えない視覚に入らないウイルスを

国内に入り込ませない為には具体的に非常に

難しい技ではないかなと思います。

 

 ここは専門家にしっかり国を守ってもらいたいなと

祈っています。

 

 原油先物相場が下がってくれるのは大歓迎なのですが。

 

 

2021年11月26日 (金)

高齢者の発症。(闘病記はバックナンバー2月、3月をご覧下さい)

 札幌における新規感染者の年代を注視して

いますと70歳以上の高齢の患者さんが

けっこう目立ちます。

なかには中等症の症状の方も見られます。

報道で見聞しましたが病院内でのクラスター

発生の余波が次々と広がっているのでしょうか。

 

 入院中の患者さんは特に病気に対する体力、抵抗力が

落ちてる方が多いのではないでしょうか。

(絶対に運動不足になってしまいます。)

 

 やはり一番の難敵は睡眠不足ではと思います。

家族との面会もままならない状況下ではストレスも

強いのでと思います。

 

 家族、関係者の皆様は先ずは患者さんに連絡を密に

取って安心の応援を送ってもらいたいものです。

 

2021年11月25日 (木)

ワクチンの効果。(闘病記はバックナンバー2月、3月をご覧下さい)

 旭川、札幌の新規感染者の推移を除外して

北海道保健所管内の感染者数を見るとこれは

ワクチンの効果がはっきりと出ている事に気づかされます。

 

 11月1日~11月24日までの北海道発表分の新規感染者は24人です。

一方、旭川、札幌の合計人数は306人になっています。

 

 感染しない。

 発症しない。 (感染しても)

 重症化しない。(感染しても)

 

 クラスターの発生がなければ凄い効果だなと

思いました。

ワクチンに日本全体が守られているのではと実感しました。

でも油断大敵。より安心の為にもブースター接種しましょう。 

 

 

2021年11月24日 (水)

減少傾向。(闘病記はバックナンバー2月、3月をご覧下さい)

 道内の感染患者さんは一昨日から減少に

転じています。でも昨日現在の患者さんは

174人です。その内、45人が自宅療養されています。

あと24人が調整中という事は自宅待機組でしょうか。

40%の方が自主的隔離をされているという事になります。

 

 ブレークスルー感染の方も多くいらっしゃるのではと

推察しますがやはり一旦感染してしまうと陰性になるまで

もしくは社会復帰までは時間がかかります。

回復して社会復帰されてもやはりしばらくは世間の警戒感を

感じる事もあると思います。 後遺症に悩む方も出てくるはずです。

 

 感染をしてしまいそれこそ心身ともに痛い目に

あった感染経験者は二度と感染はしたくないという強い

気持ちを持っています。

 

 先ずは感染をしない事。

「感染しないぞ!」という強い意志を持って

油断大敵、基本的な感染予防をしましょう。

 

 

2021年11月23日 (火)

水際対策大丈夫?。(闘病記はバックナンバー2月、3月をご覧下さい)

 テレビ報道を見る限り北欧の人達の

コロナ感染に対する予防の考え方が理解できません。

なにやら感染予防に対する反対のデモを実行している

ようです。(マスク着用の義務化反対のようです。)

北欧の政府当局の関係者はさぞ悩んでいるのではと

思います。

(それにしても過激な国民感情なのだと思います。)

 

 ニュースはそれ以上深掘りはしていませんが

デモを繰り返す深い理由があるのではと考えもしますが。

興味のあるところですが知る術もありません。

 

 日本も出入国はかなり緩和されたようです。

国際空港の感染対策、任せる他はありませんが

日本に持ち込まさないようしっかり見張ってもらいたいです。

 

 

2021年11月22日 (月)

相撲観戦。(闘病記はバックナンバー2月、3月をご覧下さい)

 開催されている九州場所。

後半戦の戦いは誰に女神が微笑むのでしょう。

横綱、照ノ富士が有力かなと思いますが。

さて千秋楽はどうなっているでしょう。

 

 先程何気なくテレビ観戦していてビックリ。

天空海の勝ち技、掛け投げと解説者が言っていました。

豪快な足技。負けた力士はさぞ悔しい思いを

しているのでと思います。

柔道経験者の持つ足技とも解説されていました。

 

 オリンピックの柔道に挑戦したら面白いなと

思いました。柔道に相撲の技を取り入れて金メダル!

なんてね。素人(シロウト)のバカな考えなのでしょうね。

 

 場所中コロナ感染症に襲われる事無く無事に

終わってもらいたいものです。

 

 

2021年11月21日 (日)

ダウントン・アビー。(闘病記はバックナンバー2月、3月をご覧下さい)

 テレビドラマ、ダウントン・アビーと題する

物語をシーズン2まで見終わりました。イギリスの

ダウントン村を領地にする貴族とその使用人がおりなす物語。

シーズン6にて完結するようですが。

次回放送が楽しみです。

 

 そのシーンの中で領主の奥様始め関係者、使用人がバタバタ

スペイン風邪に感染。亡くなる人。重症より回復する人の

悲喜こもごもが映し出されていました。

ドラマの中で第一次世界大戦時ヨーロッパ戦線はイギリス軍の

軍隊の中でも風邪に関する会話がされていました。

 

 スペイン風邪の感染流行が戦争終結を早めたのでは

との報告もされているようです。

 

 衛生面、清潔感、食料面、医療知識どれをとっても

現在の我々の生活空間の方が当時と比べて恵まれて

いるのだなと映像を見て痛感しました。

(ドラマ解説の中で時代考証は当時を忠実に再現されているとの事。)

 

 新型コロナ感染症、感染しないよう努力しましょう。

 

 

2021年11月20日 (土)

天体ショー。(闘病記はバックナンバー2月、3月をご覧下さい)

 昨夜の満月。

月蝕現象がおきると以前から聞いていました。

天気予報はお月様を鑑賞するのにはあまり

いい予報は出ていませんでしたがなんと

18時頃夜空を見上げると雲がなく綺麗にほんのり

赤く?かな。輝く満月ではなく月蝕らしいお月様の

姿が浮かんでいました。

 

 綺麗なお月様を見る度に宇宙の神秘を感じますが

現実の科学技術はその近間の宇宙を征服する勢いで

日進月歩しています。

 

 私は真実の科学よりもロマンのある神秘の宇宙が

好きです。

(地球から見上げる夜空。青空が一番好きです。)

 

 人の住めない宇宙空間になんで行きたがるのか私には

理解に苦しむ面があります。

(昭和生まれ、演歌好き親父の独り言です。)

 

 

2021年11月19日 (金)

始まりました。(闘病記はバックナンバー2月、3月をご覧下さい)

 コロナ感染症の患者さん。

どんどん増えていく道内の状況。昨日現在167人。

11月12日以降100人を切る事はなく増え続けています。

懸念するリバウンドが始まったのではと心配しています。

日本全国での第6波の始まりは北海道なのでしょうか。

 

 年末にかけてどのような数字になっていくのでしょう。

軽症患者さんがほとんどですが重症患者さんもお二人に

なっています。

医療機関の従事者にも緊張が走っているのでは

ないかなと推察します。

ワクチン早めに3回目接種して自己防衛しながら

のご健闘を祈っています。

 

 

2021年11月18日 (木)

初雪。(闘病記はバックナンバー2月、3月をご覧下さい)

 昨日、起床してカーテンを開けるとうっすらと

庭の木々が雪化粧をして「おはよう。寒いね。」と

言ってくれた?ような気がしたような聞こえたような?。

 

 この冬、一番の雪におめにかかりました。

うっすらと一面白くて綺麗でした。

 

Kimg0513

 

   店を開店してのぼりを立てて

   お店に入ろうとしたら

   私の足跡がくっきりと

   残っていました。

 

   色気もなんにも有りませんが

   初雪の感覚を思い出にと

   スマホでパシャリとしました。

   9時頃には路面の雪は融けて

   乾いていました。

 

   今年の冬はどんな冬になるのでしょう。

   北見はこの2年くらい大雪に見舞われて

   いないので猛吹雪が心配です。

 

 

 

2021年11月17日 (水)

リバウンド。(闘病記はバックナンバー2月、3月をご覧下さい)

 昨日、本日と新規コロナ感染者の報告人数を

見ると札幌、旭川の感染者が多いようです。

 

 特に旭川はもはや家庭内、職場など市中感染が

広がりつつあるようです。あちこちに飛んだ火の粉が

燃え広がって行く様子が見えます。

 

 本日の札幌の感染者の年代を見ますと高齢者の年代が

目立っているという事は老人施設のクラスター発生では

ないかなと思います。

職員、関係者の誰かが持ち込んでしまうのでしょう。

 

 私も仕事で老人施設に伺う機会があります。

感染源者にならないよう極度に気を使わなくては

と、気持ちを新たにしています。

 

 感染された方々の健康回復を願っています。

 

 

2021年11月16日 (火)

なんとも景気の良いお話。(闘病記はバックナンバー2月、3月をご覧下さい)

 本日の北見市は寒い冬の1日でしたが。

報道番組を見る限りなんとも100万円単位の

景気のいいしかも大盤振る舞いの番組内容が

ワイドショーで流れています。

 

 フー。

100万円か。1日またぐかまたがないかで。

貰えちゃう身分って。いいな。

しかも年間6000万から6500万円、国会議員さん

貰ってるって。すごいな。ラベル(レベル)が違いますね。

 

 ますます若い人達政治から離れて行く気がします。

私も、なんか今日はやけ酒飲みたくなっている気分です。

彼ら政治家は高級なすんごく美味しい酒飲んでるのかな。

(私は発泡酒でそれから20°のサッポロソフトです。)

 

 なんか今晩はカミさんに愚痴りそうな予感がします。

オッカー居酒屋開店してるかな。皆さんもイッパいグイッといきましょう!

 

 

2021年11月15日 (月)

忘年会の打撃。(闘病記はバックナンバー2月、3月をご覧下さい)

 繁華街においては淋しい年末になるのでしょうか。

忘年会の開催中止の企業が80%を上回ってるようです。

やはり宴会が原因でコロナ感染症のクラスターが

発生したら企業のマイナスイメージにつながるから

だと思います。同調圧力の強い日本の文化?を考えると

やむを得ない面も理解できます。

課長、部長クラスの責任問題にも発展しかねません。

 

 どのような年末になるのでしょうか。

どうしたら感染抑制ができるのでしょう。

繁華街の皆様の底力を見せるいい機会ではと思います。

 

賑やかな年末を願い皆で知恵を絞り笑顔で過ごしたいですネ。

 

2021年11月14日 (日)

ロックダウン。(闘病記はバックナンバー2月、3月をご覧下さい)

 成人の85%くらいの人々がコロナワクチンを

接種済みというヨーロッパはオランダの国。

都市の名前は不明ですが3週間のロックダウンに

入るようです。

 

 私の知らない風土、文化の環境。

これから冬至までの日の出と日没の時間帯は何時に

なるのでしょうか。

 

 本日の北見市に比べ日の出は約1時間30分遅れの8時頃。

日没は50分遅れの16時50分。日長は約9時間。

朝、8時になっても外は暗く夜みたいなのかなと思います。

私には地理的感覚は想像できません。

 

 1日中、暗いからマスク着用嫌なのでしょうか?

(そんな事はないと思いますが。)

スピードスケートの日本選手団(一部コロナ感染者)の

健康回復を祈ってます。

 

 

2021年11月13日 (土)

再び三桁に。(闘病記はバックナンバー2月、3月をご覧下さい)

 北海道の昨日現在のコロナウイルス感染症患者さん

残念ながら107人になりました。

やはり発症して陽性になりますと軽症で経過しても

最低10日間は陰性にはならないのではと思います。

 

 旭川のクラスターは止まらず本日も6人確認されています。

怖いのは旭川市内に感染の火の粉が飛んで炎が

あちこち燃え上がっている感があります。

本日はまだ道北圏の上川、宗谷管内に火の粉は

飛んではいないようですがなんとなく時間の

問題ではないかなと思っています。

 

 オホーツク管内に飛んで来たらどうしましょう。

やはり感染予防、再度気持ちを引き締めなくては

と思っています。

 

 

2021年11月12日 (金)

感染拡大!。(闘病記はバックナンバー2月、3月をご覧下さい)

 旭川。完全に感染拡大期に突入したのではと

と思います。

昨日のニュースで行政側が繁華街に実態調査に入ったと

報道されていましたが何を調査したのでしょう。

 

 お店側の感染予防は道の指導通りなされて

いるはずです。そうでなければ支援金などが

支給されないからです。

 

 何故、感染伝播が止まらないのか。

簡単な事です。

お客様にモラルのない人が多すぎるからです。

調査員はそこを重点的に調べるべきです。

(お店の営業時間内に隠密に実態を把握するべきです)

 

 それから感染患者さんの自宅療養患者さんが多すぎます。

自宅にて完全な隔離生活を送っている保証はあるのでしょうか?

噂を信じてはいませんが外出有りの悪評が耳に入ってきます。

 

 昨日現在の旭川の自宅療養者の率は65.7%です。

陰性になるまで100%(46人)の完全隔離生活信じられるでしょうか?

 

 これ以上の感染拡大広がらないよう保健所のご健闘

お祈りいたします。

 

 

2021年11月11日 (木)

いたましい事故。(闘病記はバックナンバー2月、3月をご覧下さい)

 昨夕、札幌で自転車に乗っていた小学生が

70代の女性が運転する車に跳ねられたとの速報を

見ました。

 

 私も一昨日の雨の日、日没後に運転をしていましたが

なんとも漆黒の暗さというのでしょうか。

車のライトの光が濡れたアスファルトに吸い込まれて

視界が極端に近くて狭い感じでハンドルを握っていました。

 

 雨の日の日没直後は気をつけなければ事故と背中合わせ

という事を肝に銘じなければいけないと思います。

ニュースを見て他人事ではないと強く思いました。

 

 重体となられている小学生の回復をお祈りいたします。

 

2021年11月10日 (水)

新規感染者。(闘病記はバックナンバー2月、3月をご覧下さい)

 北海道にしても全国にしても毎日、新規感染者の

報告がされています。

本日のテレビ報道番組の中で日本の国のワクチン2回

接種率は約74%くらいと報道されていました。

 

 ヨーロッパの国々では接種率70%の壁にぶち当たって

いてなかなか進まないとの報告でした。

そのような状況下で新規感染者が増加中との事です。

 

 専門家の解説ではワクチン効果が無くなってきてるので

2ヶ月後の日本も同様の状態になるのではとの推測でした。

 

 今からでも新規感染者のうちワクチン接種済みの患者さんの

割合を公に発表してもらったら国民の感染予防意識は

高まるのではないかなと思うのですが。

行政は如何お考えなのでしょうか?

 

2021年11月 9日 (火)

やばい旭川。(闘病記はバックナンバー2月、3月をご覧下さい)

 旭川保健所管内まずい状態です。

本日の新規感染者報告10人。それぞれの患者さんの

濃厚接触者の人数もかなりの大人数になっています。

 

 コロナ感染症の感染爆発、寸前の状態になっていると思います。

新市長の手腕はどこにいっているのでしょうか?

数字は見ているはずだと思いますが。

 

 縦割り行政の悪影響でおそらく北海道の行政に

口出しできないのでしょう。それなら最低だと思います。

道新に投稿されている横田教授のご意見を尊重しなくては

いけないと思います。

(自治体として意見は不可能でも強い提言は可能なはずです。)

 

 私の経験上、現在の夜の繁華街のお店の中の状態は

感染予防という観点から眺めると、とても予防されている

状態ではないと推測されます。

(北見も同様です。道内全体もそのように推測されます。)

 

 一刻も早くお酒提供の時間短縮の措置を取らなければ

北海道全体が旭川発の感染爆発の渦に巻き込まれるのは明白だと思います。

 

2021年11月 8日 (月)

1ヶ月経過。(闘病記はバックナンバー2月、3月をご覧下さい)

 緊急事態宣言解除から一月(ひとつき)以上

経過しました。都会では人流もそこそこ増加していて

そろそろ新型コロナ感染症の感染が広がる、増加に

転じるのではという時季が到来していますが新規の

感染者数は減少傾向にあるようです。

 

 一方北海道全体の感染患者数(闘病中)は90人台を

微増、微減状態を繰り返していて90人を切ってもすぐ

再度90人台にもどってしまいます。

 

 ワクチンの3回目の接種が始まるようです。

コロナウイルスとの共存。歓迎はしたくありませんが

どのような形で終息を迎えるのでしょうか。

 

 それとも今が一回目の収束の状態なのでしょうか?

おそらく誰もそうとは認めないでしょうね。

分からないという事はやはり未知のウイルスなのでしょうか?

 

 

2021年11月 7日 (日)

金曜の夜。(闘病記はバックナンバー2月、3月をご覧下さい)

 一昨日の夜、行きつけのスナックのママから

ご指定された空気清浄機を届けたので説明かたがた

試運転も兼ねて?・・・一人では淋しいので友人を

誘って訪問してきました。(遊び九割の訪問です。)

 

 幸い北見市はじめオホーツク管内の感染患者さんは

一昨日は0人でしたので無自覚、無症状の隠れ感染者との

遭遇は心配ないかなと思い出かけたのも事実です。

 

 週末の夜でしたのでお店には他のお客様も賑やかに

楽しんでおりました。

感染予防のアクリル板もカウンターにはグループ

毎に置かれなんとなく閉ざされた空間に安心感を

抱きました。カラオケマイクもママが1曲ごとに

丁寧に消毒してくれました。

私も自分がマイクを握るときはお店の感染予防対策に

協力してマスクを着用して歌いました。

 

 店内はすでに暖房を入れての営業です。表は寒いので

ドアを開けての換気はなかなか難しい面もあるようです。

 

 感染予防対策しっかり実行してお客様の信用を

もらい夜の町全体が繁盛してもらいたいです。

 

 

2021年11月 6日 (土)

止まらない旭川。(闘病記はバックナンバー2月、3月をご覧下さい)

 旭川が危惧されます。

濃厚接触者の感染発症が続いています。

本日の宗谷管内の1人感染発表がもしも旭川地区からの

飛び火感染であるならばゆゆしき事だと思います。

 

 表を見る限り道北圏の昨日現在の感染患者さんは61人。

内自宅療養者が41人いらっしゃいます。

軽症といえども伝播、重症化のリスクを考えると

病院、ベッドに余裕がある現在、強く入院隔離を勧める

べきかなと思います。保健所の目が届いているとは

思いますが素人の感染伝播意識には隙が生じるものです。

 

 いろいろと患者さんの都合があって自宅療養を選択して

いるのも理解はできますが他地域への感染伝播が始まると

今のドイツ、イギリスみたいになっていくのは明白です。

 

 私がとやかく言っても始まりませんが心配でたまりません。

 

 

2021年11月 5日 (金)

油断大敵。(闘病記はバックナンバー2月、3月をご覧下さい)

 やはり旭川の感染ルートはなかなか消滅

しないようです。

職場の同僚、学生、家族。皆さんが濃厚接触者

となってしまい1週間後くらいに発症してしまいます。

 

 久し振りに出る言葉ですが無症状患者さん。

そして無自覚患者さんが市中で暴れているのではと

思います。

特に学校での感染拡大が懸念されると思います。

学童、学生さんのいらっしゃるご家庭ではくれぐれも

ご用心をしていただきたいと思います。

(旭川で10代の感染報告は本日は発表されていませんが。)

 

 ワクチン接種の効果が出ている現在、緩みと油断

生じているのが旭川の現状ではと思います。

そして旭川だけで無く全ての地区でそうだと思います。

一度感染が広がるとドンドン増えていくコロナ感染症。

瞬く間に経済が止まってしまいます。

 

 感染予防しながらの経済活動。試行錯誤が続くようです。

そんな私も今夜は所用で試行錯誤(夜の町に。)に出かけます。

(環境はオホーツク管内の感染患者さん本日も0人です。)

 

 

2021年11月 4日 (木)

お悔やみ申し上げます。(闘病記はバックナンバー2月、3月をご覧下さい)

 本日札幌市のお知らせで死亡お一人の

発表がされております。

70歳代の男性の方です。心よりお悔やみ申し上げます。

 

 現在は報道されていませんがやはりご遺族の

方の看取りの面会は謝絶なのでしょうか。

途中お骨になるまでは一切触れる事は不可能なのでしょうか。

ご遺族の皆様の無念を思うと心が痛みます。

対応が昨年と同様であるのなら関係機関におきましては

少しでも善後策をとっていただきたいと思います。

(コロナウイルスは昨年と違いかなり解明されているのですから。)

 

 10月30日から昨日現在、道内の重症患者さんはお一人になっています。

そして軽症、中等症患者さんが91人。重症者が増えないよう

順調に回復するよう祈っております。

 

 

2021年11月 3日 (水)

故意に過接種の人。(闘病記はバックナンバー2月、3月をご覧下さい)

 本日のネットニュースで

埼玉で医療従事者60歳代男性、ワクチン4回接種。

と記事が出ていました。

一般国民より優先順位で接種した後に今度は

一般国民の順番で接種したようです。

当時一般の人は予約が出来なくて2日目、3日目で

やっと予約が出来たというお話は当たり前でした。

内のカミさんは電話通じなくて、嫌になっていました。

 

 利己主義というか独りよがりというか。

なんとも人間性を疑ってしまいます。

性格絶対によくない人かなと思ってしまいました。

こういう人、患者さんにどう向き合っているのかなと

思うとちょっと怖くなります。

(個人的な見解ですが絶対に医療従事者には不向きな

人だと思います。)

 

 旭川の集団感染あちこちで火が上がっています。

市中感染も出ているようです。

オホーツク管内に火の粉が飛んで来ないよう祈っています。

 

 

2021年11月 2日 (火)

秋深し。(闘病記はバックナンバー2月、3月をご覧下さい)

 晩秋とでもいうのでしょうか。

北見市をとりまく低い山々の紅葉も終わりを

告げて盛りの色もどことなく色あせてきました。

雨は冷たくいつ白い初雪が舞っても不思議でない

気温に冬の匂いを感じています。

 

 小春日和の銀杏並木。ふとした風景の切り取りが

なんとも地域の名所風になってしまう(してしまう)

そんな写真が私のラインに送られてきました。

(Mさん。いつも有り難う御座います。)


1635843030085   

    

 

  その奥に

     銀杏のステージ

         見え隠れ

 

 11年前の北大構内の銀杏並木をふと

 思い出しました。賑やかな北大祭の

 名残とエレキギターを抱いて歌っていた

 息子の声が耳の奥に聞こえます。

 (当時息子は北大病院で闘病していました。)

 本日はちょっとシンミリしてしまいました。

 

  

 

2021年11月 1日 (月)

変異したようです。(闘病記はバックナンバー2月、3月をご覧下さい)

 新型コロナウイルス死滅方向に変異

したような新聞記事を読みました。

何回、読んでも医療用語は、難解、で意味が分かりません。

(ワカルカナー。)

 

 落語家の円楽師匠が難解言葉をペラペラ

まくし立て煙にまいてニヤついているのを思い出します。

 

 でも目に見えない世界を見て修復酵素の働きを分析

するなんてすごいなと思いました。?。(ワカラナイけど。)

 

 旭川の新規感染者。本日は収まったようです。

クラスターなんとか収束してもらいたいです。

(数字を見るくらいなら理解できますよ。)

 

 

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »