光陰矢のごとく。

 闘病記は左のバックナンバー内、昨年の2月3月をご覧下さい。

 

 今日は孫の成人の記念写真を撮影するというので

それでは家族写真を撮りましょうという事になり

T写真館に行ってワーワー言いながら撮影をしてきました。

 

Img20220522_20231805  奥村光正家の始まりは

  1974年昭和49年3月3日

  に初まりますが左の写真は

  その1年前の婚約時代の

  記念写真です。

  1973年昭和48年北見市1条の

  加藤写真館で撮影しました。

  私は21歳。妻(カミさん)は23歳です。

 

 

 

 

 

 

Dscn6402

  49年後の本日。

  2022年令和4年。

  孫の成人記念の撮影前に

  時の流れを止めて2人で

  撮影してもらいました。

  この7月で私は70歳になります。

 

  写真はカラーになっていますね。

  白髪が目立ってきてます。

 

  お互い健康を願うばかりです。

 

 

    

2022年5月21日 (土)

熱中症気味?。

 

 闘病記は左のバックナンバー内、昨年の2月3月をご覧下さい。    

 

 本日の午前中、気温25℃くらいだったのでしょうか。

エアコンの取付け工事をしていたのですが水筒の水が

すぐ無くなってしまいました。

喉の渇きはそんなに気にならなかったのですが

水を飲むと吸い込まれるように胃の中に入っていくのです。

 

 仕事を終えて午後からは身体ががっくりと疲労感に

襲われ午後も遅い時間になってから左足太腿が痙攣をおこし

激痛で歩行困難になってしまいました。

低周波治療器を痙攣筋肉に当てて20分後に無事完治しました。

 

 考えると午後からも水分補給は普段の3倍近く摂っていました。

筋肉の弱体化は高齢のせいなのかコロナの後遺症なのか

分かりませんがどうも体力低下は間違いなく進んでいるようです。

 

 

2022年5月20日 (金)

交通マナーに感謝。

 闘病記は左のバックナンバー内、昨年の2月3月をご覧下さい。

 

 先日、組合の会議で札幌に車で出かけました。

交通量の多い都会の道を運転するのはどうにも苦手意識が

あって気持ちはかなり躊躇してしまいます。

開催ホテルの往路は何回か経験があるのですが

復路。帰り道です。これが厄介で数年前はすっかり迷って

高速道路にたどりつけたのは江別だと記憶しています。

今年1月は吹雪の後とあって又々、道を一本、間違えて

札幌インターにたどり着いたのは出発から1時間以上経過

していました。

今回はというと3度目の正直。選択の道を間違いなく

走り順調に札幌インターに入りました。

 

 順調に走れたのは札幌のドライバーの皆様が

道をすんなり譲ってくれたおかげです。

ウインカーをつけると同時に殆どのドライバーが

減速してくれて私の車を受け入れてくれました。

 

 北見市内の道路では考えられません。

譲ったら追突される恐れも感じられます。

どうしてこうも違うのでしょう。交通マナー向上に

私は努力する気持ちになりました。

 

 

2022年5月19日 (木)

感染する人、しない人。

 闘病記は左のバックナンバー内、昨年の2月3月をご覧下さい。

 

 11日(水)に英国の実験で新型コロナ感染症の感染確率の

話題を掲載しました。元気な若い人を対象にした実験結果の

数字でした。一般社会の環境の中ではやはり未知の感染確率

ではあると思います。

北朝鮮国の感染報道の数字には驚くばかりです。

かの国全体の衛生環境、健康体力の環境は私には想像も

つきません。

 

 地元オホーツク管内も感染者報告は昨日過去最高の

171人を記録したようです。

関係者、又近辺にいて濃厚接触の疑いのある人々に

とってはなんとも不安定な精神状態になるのではと思います。

 

 50%の確率の実証実験もあるのですから前向きに構えて

体温測定、体調管理を徹底しましょう。

ニラ、ニンニク、長ネギの料理を食べましょう。

ジンギスカンに入れて食べたら最高かも。

アイヌネギ(行者ニンニク)の酢味噌和えもいいですね。

 

 

2022年5月18日 (水)

下降気味?

 闘病記は左のバックナンバー内、昨年の2月3月をご覧下さい。

 

 連休が明けて10日経過しました。

道内全体の新規感染者報告は微減ながら下降を

しています。

しかし前週の北見市の感染者人数は409人になっていました。

前々週は188人でしたので感染が拡大しています。

でも入院患者さんは昨日現在で7人の報告ですから

感染者皆様は症状は辛くとも軽症判断で自宅療養を

選択して闘病をしていると判断しています。

 

 症状が悪化しないよう注意深く体調管理をして

回復に向かってもらいたいものです。

 

 

2022年5月16日 (月)

誤送付がなんと。

 闘病記は左のバックナンバー内、昨年の2月3月をご覧下さい。

 

 山口県のとある町役場がコロナ禍の影響で困っている

町民に1世帯当たり10万円の給付金を振り込む際にこれまた

生活苦で困っていると思われる24歳の若者の銀行口座に

なんと当該世帯全戸分を一括振り込んでしまったようです。

 

  4630万円!

 

 目がくらんだのでしょうね。

でも返金拒否で若者のお金になるのでしょうか?

町の他の462世帯の困っている方達に10万円は振り込まれるの

でしょうか?

 

 若者よ!困っているときはお互い様です。

助け合いましょう。

子育て世代はお金がいろいろ入り用なのです。

独り占めはいけませんよ。

 

 

2022年5月15日 (日)

風薫る・・・。

 闘病記は左のバックナンバー内、昨年の2月3月をご覧下さい。

 

 暑くもなく寒くもなく、風ときより流れて・・・。

日曜日。箱庭の草を削っていたら友人からお誘いの

電話が来ました。

 

「パークゴルフに行くべ。」

 

 3人で藻岩パークゴルフ場に行って4コース回って

きました。北見市近郊では人気のパークゴルフ場です。

友人のトガちゃんが一発。ホールインワンを出しました。

ライラックBコース4番ホール。距離は50メータくらいだと

思います。たいしたもんです。

私はボギー連発。いつもの事です。

 

 風がやんだ時、森の奥からフクロウ?の鳴き声が響いて

きていました。(表現できないのが残念です。)

芝の緑の臭いも良い感じでした。

ほどよい疲れがリフレッシュを感じさせてくれました。

 

2022年5月14日 (土)

過剰な感染対策。

 闘病記は左のバックナンバー内、昨年の2月3月をご覧下さい。

 

 ネットニュースで「過剰な感染対策の見直し」という見出しが

気になりました。

 

 どこで読んだのか聞いたのか見たのか今は定かでは

ありませんがウイルスという生物?は他の生物体内でしか

生存できないと私は理解しています。

ですから外界では3日間くらいで生存不可能で

消滅すると理解しています。

専門家ではないので自信はありませんが。

 

 では過度な感染対策とは具体的にどんな行動なのでしょう。

 

 私のマスク着用に関して。

作業時(エアコン取付け工事)のマスク着用はお客様に

おことわりをしてご理解を得てから外しています。

散歩の時は基本的に外しています。(散歩はあまりしませんが。)

移動車内ではほぼ非着用。(1人ですから。)

 

 以上の逆のパターンのマスク着用が過度な感染対策になるのでしょうか?

 

 

2022年5月13日 (金)

横ばいでしょうか?

 闘病記は左のバックナンバー内、昨年の2月3月をご覧下さい。

 

 連休明けのコロナ感染症の感染爆発は避けられたのでしょうか?

現在感染患者さんは高止まりの横ばい状態のようです。

5月1日24,552人。昨日現在24,510人。(道内患者さん)

新規感染者報告はオホーツク管内も人数が多いようですが

まだ私の身近には感染者は出ていません。でも本日

お客様のお知り合いの方が感染していたようですが。

 

 現在はコロナ感染症の知識もかなり浸透していて

感染者に対する差別、偏見はほとんどないように思われます。

2年前の私に対する風評には皆様同情をよせていただいております。

笑ってお話出来る事がなにより有難いと思います。

 

 昨今私の体調管理には甘さがあって病に対する免疫力、

抵抗力が落ちていました。(背中に単純ヘルペスが発生。)

かゆいのなんのってたまらんです。

でも昨日の処方薬が効果を出してくれて本日はかなり楽になりました。

 

 質の良い休息、休憩、睡眠が気分転換も助けてくれるのかなと

つくづく思い反省をしている次第です。

 

2022年5月12日 (木)

ストレスでしょうか。

 闘病記は左のバックナンバー内、昨年の2月3月をご覧下さい。

 

 単純ヘルペスと診断されました。

背中のかゆみをおぼえ10日間以上様子を見て

いたのですが回復せず湿疹みたいのが広がって

きているとカミさんが観察して言うので先程

皮膚科病院に行ってきました。

 

 診察するなりの即決診断でした。

免疫低下が引き金になっているようです。

考えれば寝不足が日常になっているようです。

熟睡が出来ていないのは分かってはいたのですが・・・。

仕事も高齢のわりには無理をしていたのかもしれません。

120%くらい頭の中は仕事になっていました。

 

 先ずは体力増強ですね。元気にならなくては。

 

 

«50%の感染確率。